Home / 子育て生活 / 真っ白シロ助でておいで~。

真っ白シロ助でておいで~。

カユカユ乾燥肌に、嫌な季節なのね~
どちらかっていうと北陸の冬は、ほかの地域から比べればまだまだ湿潤なほう…とは聞くけど。やっぱりこの季節。乾燥が気になりませんか?大人もそうだけど、子どものお肌の乾燥はもっとかわいそう。
特にお風呂上りはかゆがったり、夜にカユカユで眠れなかったり。今回はお風呂を中心とした。スキンケア術をご紹介。

湯船の温度を上げ過ぎない
これから冬を迎える北陸。お風呂に入るとき、どうしてもお湯の温度を上げがちですが、ここは少し我慢して、子どもに適温の、大人には少しぬるめがベター。長風呂は避けましょう。熱いお湯はお肌を乾燥から保護する皮脂が抜けやすくなり、お肌をより乾燥させやすくしちゃいます。パパ気を付けて!熱いお風呂はNGなのよ!
男女問わず、最近は敏感肌や乾燥肌の人も多いので、長時間の入浴はおすすめできません。

12_2014_05洗いすぎにはご注意なのよ
お湯に浸かっている最中だけでなく、体を洗うときに、スポンジやボディータオル、ボディブラシはNG。基本は手の中で成るべくクリーミーな泡を作って。素手で優しく洗うこと。強く摩擦したり、強い刺激を与えたりすると、お肌の表面が傷ついてしまいます。
あのゴシゴシ感が好きって人もいますが、角質どころか真皮に傷をつけてしまうこともあります。泡立てた石鹸で十分汚れは落ちる者なのです。

乾燥肌は、入浴後どうなると思う?
入浴後のお肌からは、想像以上に水分が逃げているのです。風呂上りに体から白い湯気がモアァ~っと上がるでしょ。アレよアレ。あの湯気と一緒に体表の水分が飛んで行っちゃうの。だから、できるだけ、5~6分程度以内に保湿ケアをすることが重要です。入浴後は入浴前よりも乾燥しやすい状態のお肌になってしまいます。
ちゃちゃっと保湿クリーム塗って、パパっとパジャマ着ちゃう!

12_2014_06入浴後の保湿ケア
入浴後にお肌の乾燥がしてパリパリ感を感じたり、かゆみが増して、パンツのゴムあたりボリボリ掻いた経験あるでしょ?アレもう乾燥してるのよ。お風呂あがりはすぐに清潔なタオルで水分をやさしくふき取ること。ここも重要なのね。優しくふき取るってとこ。ワシュワシュ拭いちゃう人いるけどあれダメよ。タオルで吸収させるイメージね。水分をそのまま自然乾燥させると、余計にお肌が乾燥しちゃいます。できるだけ素早くタオルで水気をふき取り、保湿ケアを行うことが大事なの。

お肌の油分を必要以上に洗い流しちゃうから、肌が弱くなっちゃうのね。
なので!やっぱりこの時期もおすすめなのがコレなのよ。

DSC05443_sq無添加石鹸BINKA
本物の無添加石鹸!ってのもあるけど。まず溶けにくいのに泡立ちが半端ない!そんでもってめっちゃクリーミーなその泡は、お湯をかけるとサラサラ~っと流れてくれる。よくあるヌメヌメ感ゼロ。洗い上がりがさっぱりなの。
嘘つかないから絶対使って。特にお子さんには絶対いいから!茂呂平哉も使っています!

ぼくらのまちのくすりやさんコメヤ薬局