Home / 子育て生活 / 猛暑の夏『足浴』がおススメ!

猛暑の夏『足浴』がおススメ!

猛暑の夏『足浴』がおススメ!

冷え症ママは、シャワーばっかりはダメダメ!
手足の末端部分にまでうまく血液が循環せず、手先や足先が冷たくなる状態。これが「末端冷え症」。クーラーの効いた部屋に薄着でいると末端冷え性になる可能性があるのです。
暑い日が続くとどうしてもチャラっとシャワーでしましちゃおうとしちゃうけど。ダメなのよ。冷え症の人はさらに体質改善しにくい体になっちゃうのよ。ってことは湯船につかる…。暑い日にあったかお風呂はいやだ~って人も多いはず。そこでご提案するのが足浴なのね。

足浴が良い理由
猛暑の夏『足浴』がおススメ!冷えに悩まされる人が多いことでも知られる部位「足」ですが、この部位をお湯につけて温めることで、直接冷えを緩和できるほか、末端の冷えた血液を温めることにより、体全体の血液の流れを促進させるので、冷え性の改善が期待できるのです。下半身を温めることは冷え性対策において重要なポイントであるといえるでしょう。特にふくらはぎは“第二の心臓”とも呼ばれるほど重要な部位。二足歩行を行うの「ヒト」は、重力の関係上、足の血流が滞りやすい部位ともいえます。それにより、老廃物が停滞したり「むくみ」が起きたりします。「むくみ」は血液の巡りが悪いなどの影響で発生します。足は最も下にある部位なので重力に逆らって血液を流さなければならないのですが、運動をするなど、意識して体を動かすなどして血流を良くする必要があるのです。「足浴」により足を温めるということは、そんな足の血流を促進させることになるのです。血の巡りが良くなることで老廃物の排出もスムーズになり、むくみの改善にも役立ちます。血の巡りが良くなるということは全身の健康においても非常に重要なことであり、簡易でお金がかからない健康法と言えるでしょう。

末梢血管収縮型冷え症
主に手先、足先に強い冷えを感じるタイプの方で、この冷え性が起こる理由は、ふたつあります。
ひとつは、少しの冷房刺激で末梢の血管が過度に収縮し、その結果、血液が先端まで運ばれず、冷えを感じるということ。
そしてもうひとつは、関節が硬くなったり、足の筋力の低下により足指の曲げ伸ばしや開閉ができないほどの足の機能の低下があるといったことが、考えられます。外反母趾や甲の薄い足なども、このなかに含まれます。
この時期はスーパーにお買いものや会社などでクーラーにあたっていたりするだけで、末端から体の中まで冷えてきてしまうママは要注意。
このような末梢血管収縮型冷え症の人は、血管の柔軟性が低下、関節の動きも悪くなっています。手の先、足の先の血流量が正常な人の10分の1,20分の1しかないという人も少なくなく、足の甲と足の指のあいだに5℃以上の温度差がある場合さえあります。血液のわずかしか流れていない先端の血管は、寒冷刺激が加わると、過剰に収縮してしまいます。
こんな方にお勧めなのが「足浴」なのです。

この夏「足浴」トライしてみます??

  • 専用足浴バケツは、ホームセンターなどで2000円~3000円で売ってます。できればいろんな機能が付いていないものを選んでください。掃除が面倒だし、重いので…。
  • 入れるお湯の量はくるぶしが隠れる程度。お湯の温度は40度程度がおススメ。浸かっているうちに温度も下がりますのでこのくらいがgood。
  • 浸ける時間は12~15分。このくらい入れておくだけで体がしっかり温まります。
  • お湯に「バスハーブ」を入れます。6種の生薬の相互効果が温浴効果を高めます。
  • 浸かるときの姿勢は、椅子に座って。というのもいいですが今回ご紹介するのはより効果的で、体に負担のない仰向け寝(仰臥位)での足浴です。フットバスを設置したら、足を入れて、浸けている足にバスタオルをかけます。そしてゴロっと寝転がるというもの。
    一つだけ注意点。そのまま寝ちゃわないようにだけ気を付けてください。寝ちゃうと起きて床がベチャベチャ、なんてことになっちゃいますから。

DSC04945足浴にぴったりの「ツムラのバスハーブ」
有効成分100%!
6つの生薬エキスの温浴効果で、夏こそしっかり下半身を温めて!
身体を温め、疲労を回復し、リウマチ・腰痛・神経痛・肩こりの痛みをやわらげます。お肌を清潔に保つとともに、生薬エキスがかさつくお肌に働き、必要な潤いを与えます。
忙しいし、体質改善にお助けが欲しい!って方はコメヤセラピーラボへ!
【入浴のとき】浴槽(約100L〜200Lのお湯にバスハーブを3〜10ml入れて入浴して下さい。
【上がり湯のとき】バスハーブを数滴お湯又は水(約1〜2L)に溶かし、上がり湯としてお使いください。

ぼくらのまちのくすりやさんコメヤ薬局