Home / みんなの健康 / 「気象病」!?…って聞いたことある??

「気象病」!?…って聞いたことある??

「気象病」!?…って聞いたことある??

ダルダルは私のせいじゃないのよ!って言えちゃう。
こんな病気あるんだね。その名も「気象病」。ここ最近ちょいちょい認知度が上がってきたらしいのね。この気象病、その名の通り気象の変化によって症状出てきたり、体の調子が悪化したりする疾患の総称。たとえば「天気が悪いと古傷がうずく、ひざが痛む」とか。僕みたいに天気が悪いと天然パーマがちりちりになる…ってのは違うね。このほかにはメニエール病や天気痛、うつ病やめまい症、喘息などが知られているそうです。なぜにそうなるか?はまだわからないことも多いらしいのですが、体には気圧を感じるセンサーみたいなものがあり、その信号により自律神経系のバランスが交感神経優位となって、それがストレス刺激となってさまざまな疾患のメカニズムを引き起こすのではないか?と考えられています。

「なんか梅雨時期は怠ぃ~な」の原因はコレかも??
梅雨時期は、低気圧配置により“気圧の変化”や“気温の変化”が起こるのね。すると自律神経のうち、副交感神経が優位になる。知っていました?そして身体が“OFFモード”になり、多くの人が『だるい』『やる気がしない』といった症状に。そうなると活動量が減り、『血めぐり』が低下するんですって。
この気圧の低い状態っていうのが、肩こり、偏頭痛、腰痛などを引き起こすらしいのね。

  • 交感神経系:活動的な状態に体を整える神経
  • 副交感神経系:緊張をほぐして体を休ませる神経

身体は『ストレス』を感じやすくなり、ストレスを感じた身体は、“どうにかしなくっちゃモード”となって、逆に末梢血管を収縮させ、手足の先まで血がめぐりづらくなり「手足の先の冷え」となるっちゅ~構図なんですね。『血めぐり』が悪くなっていれば体が怠いのもうなずけます。

ま、言われてみれば確かにあるかも…
体や心にストレスをもたらす“気象病”。梅雨時期は、晴れと雨を頻繁に繰り返すお天気のストレスに加え、日常生活で感じる精神的ストレスがプラスされ、“自律神経の乱れ”を引き起こすのね。ただ単に仕事がしたくない「怠け者」ではないのよ。自律神経が乱れると、「やる気が出ない」といった心の不調だけでなく、「手足が冷える」「肩がこる」「体がだるい」「頭が痛い」など、体にも不調が出てきます。これでも考えたらパパママだけじゃなく子どもたちにも十分考えられるものなので、この時期は子どもの変化も見てあげたいですね。

自律神経をコントロールする3つの方法

  • 仕事や家事の合間を見て適度に体を動かす
  • ゆっくりぬるめのお湯で、のんびりバスタイム
  • 自分の時間を作って休日はまったりリラックス

DSC04945ま、上記は当たり前のコンコンチキな話。「こんなんできる暇あったら誰でも健康だよ!」って思うでしょ?そんな暇がないからどうしたらいいのか!?って聞きたいでしょ。そういう人はこれ飲んで働くのです!育児に休みはないのです!!
「レバコール」

ぼくらのまちのくすりやさんコメヤ薬局