Home / コラム / 幼稚園と保育園って?何がどう違うの??(上)

幼稚園と保育園って?何がどう違うの??(上)

幼稚園&保育園選び
Vol.1 幼稚園と保育園って?何がどう違うの??

子育てナビゲーター茂呂平哉:文

親が初めてぶち当たる「わが子の人生選択?第1弾」幼稚園と保育園なんだね。ま、通り過ぎちゃえば、そこまで大したことでもないんだけどね。でも初めての子育てだと、結構悩むお母さんが多いのも事実(あえてお母さんって書いたんだけど…。父さんたちもしっかりママの相談相手になってね。)
これ基本中の基本なんですが、みんなにわかり易く、嘘を書かずに説明するのって、結構難しいのよ!難しく説明すりゃなんぼでもできるんだけどね。
最初に言っとくけど、幼稚園・保育園選びは「子ども中心」だけじゃダメよ。「これから小学校行くまでの幸せ家庭計画に則って決めるのさ」分かる?ま、とりあえず…

幼稚園と保育園って?何がどう違うの??

管轄しているお役所が違えばその目的も変わるのだ!!
幼稚園と保育園って?何がどう違うの??幼稚園の根拠法令は「学校教育法」ってことで、所管する行政は文部科学省。保育園※1は「児童福祉法」なんで、厚生労働省。この違いで察するように、幼稚園の目的としては「幼稚園は、義務教育及びその後の教育の基礎を培うものとして、幼児を保育し、幼児の健やかな成長のために適当な環境を与えて、その心身の発達を助長することを目的とする。」(学教法第22条)て、ことになります。大丈夫??付いてきてる?
そんでもって保育園の目的は?っていうと「日々保護者の委託を受けて、保育に欠けるその乳児又は幼児を保育すること」(児福法第39条)。ちゅーことになるのね。
まぁざっくり言っちゃえば幼稚園は、幼児の教育するための「教育施設」。そんで保育園は乳幼児を保護者に変わって保育する「児童福祉施設」ってことよ。でもね。来年からは「認定こども園」って言うのがポコポコ出現してきます。幼保連携型(認可保育所と認可幼稚園が、連携して運営する施設、幼稚園型(認可幼稚園が長時間保育・子育て支援等の保育園の機能も備える施設)、保育所型(認可保育所が保育に欠ける子ども以外の子どもも受け入れる施設)、最後に地方裁量型(上記以外)ってね。ここまで読んだだけでもこんがらがっちゃうでしょ。この認定こども園に関しては、また今度書きますわ。まず幼稚園と保育園の違いを知っておこうね。
※1ちなみにここで言っている「保育園(保育所)は認可を受けている施設で、このほかに認可外保育施設ってあるんだけど。今回はそこまで書かないです。今度書くね。

子どもを見てくれる保育時間が違う!!
一般的に幼稚園って保育時間が短くって、おおむね4時間(標準)。バスに乗って行ったと思ったらすぐ帰ってくるでしょ?最近はそうでもないけど、やっぱ親御さんも専業主婦率高いよね。これって結局昭和な時代の名残な感じで、ママが専業主婦やってて、子どもとママだけだと遊び相手いないじゃん!やっぱ3歳にもなるとママがその運動量についていけなくなっちゃうし、何より同年齢の子と遊ばせてあげたいもんね。それが幼稚園さ。
それに対して保育園は8時間(原則)。親が何らかの理由で子どもに手をかけてらんない場合、親に代わってその子を保育してあげるよ~ってとこさ。一般的には共働きで、パパもママも働いているってイメージあるでしょ?そうそう。だから労働時間に合わせて保育時間も長いのね。
そう。この保育時間の違いって、とっても大きくってね。最近では幼稚園(※2三種の神器)で、延長保育(通常の時間以上に延長した保育。おおむね17時くらいまで)してくれるところが増えましたが、「お昼寝(午睡)ってしないとこが多いのね。」それに対して保育園では就学前の年長さんまではお昼寝(午睡)があるじゃない?これね~パパママから見たらなんで?そんなことって思うけど。子どもにとっては生活リズムの大きく変わるところなんだね。なので保育時間のあり方って、実は乳幼児の生活を決める大きな意味合いがあるのよ。ちなみに保育園の延長保育は19時が一般的。
※2幼稚園の三種の神器:最近のママさんの要望で多い「延長保育」「完全給食」「自宅前送迎」のことね。なんか、いいんだか悪いんだか…。