Home / 子育て生活 / 冬だからお外遊びのススメ

冬だからお外遊びのススメ

冬だからお外遊びのススメ

短い冬休み
子育てママからの相談で多い「寝てくれない」「食べてくれない」「起きてくれない」「夕方になるとかんしゃくを起こす」など。実はこれは小さな子どもたちのSOS信号。この冬をきっかけに、1日1回はお外に出て、元気に遊ばせてあげてみませんか?いやいや。大変なのは承知ずみ。今月は1月から元気にお外遊びができるようになるちょっとしたヒントをご紹介。

雪遊びは、防寒対策から
北陸の雪と言えば湿った重い雪。少しすると溶けてべちゃべちゃ。せっかく防寒着を着せてもすぐに濡れてしまいますよね。でも「雪が冷たく、触ると解ける」って、大人にとっては当たり前のことでも未満児さんにはそれが新鮮に映り、学びにもなるんです。
濡れたら手足が冷たくなるってこともやっぱり学びなんですね。それともう一つが幼児体験。北陸に住み生活する者にとって、何もかも景色を一変させる美しい雪景色は、何よりの記憶と美意識を育てる絶好のチャンス。この経験が子どもの発達にもつながるのです。
面倒って思うことですが、お母さんやお父さんが「冷たいね~」「寒いね~」「うぁ~綺麗だね~」と感嘆する言葉が、子どもたちの思い出と感性をはぐくみます。
1,2歳児の小さいうちは、15分~20分。3歳以上児さんは20分~30分くらいだけでも雪に触れさせてあげたいものです。

子どもの外気浴と体感温度
子どもの基礎体温は大人よりも若干高め。なので大人が寒がっていても、子どもは汗をかいていたりします。また小さいうちは遊びに夢中になると、おしっこをお漏らししてしまったり、防寒着の中が汗でビショビショになっていても気が付かないこともあります。子どもの集中力の面白いところですが、大人としてはそこをサポートしてあげたいですね。3歳未満のうちは汗腺も、呼吸器も未発達。手が雪で冷た~くなっていても気が付かず、あかぎれを起こしてしまうことも。
悪いことだけではないのが外気浴。この時期どうしても室内は乾燥しすぎていたり、逆に湿潤が進み、カビが発生していたり。1日中室内にいることは、そんな環境の中でずっといることになり、不健康な状態といえるでしょう。また温度設定がきいた室内に長時間いると、体の気温変化に対応する機能が低下してしまうので、この時期気を付けたい、感染症への対応ができない体になってしまいます。こういった観点からも、強い体作りのためにも、お外遊びは重要なことと言えるでしょう。

お外遊びの準備と心がけ

  • 雪遊びの時には、お着替えを一揃い準備。(汗拭きタオルも用意しておくと便利)
  • 車でお出かけの際は、濡れた防寒着を入れられるゴミ袋を1枚用意しておくと、さっと着替えられて車内がぬれることもありません。
  • 2歳までは、雪が入りにくいツナギのジャンプスーツがおススメですが、トイレトレーニング中~3歳以上児さんの場合は、トイレやお着替えを考えるとセパレートタイプのジャンパー&雪ズボンがいいでしょう。
  • お外遊びの後に、スーパーでお買い物。なんて時にはなおのこと汗対策が不可欠です。濡れた服は一気に体温を奪ってしまうため、温かいスーパーで寒気を感じて、風邪を引いてしまうことも。今日は雪遊びの日。今日は外気浴散歩だけの日。などしっかりと子どもとお約束してお出かけするのもよいでしょう。
  • 冷たくなった手足をそのままにしておくと、血行不良を起こしてしまうこともあります。お外遊びの後は、温かいホットタオルでもんであげるのもよいでしょう。

いっぱい、いっぱい楽しく体を動かす
子どもは大人以上に、生活のリズムが大切です。1月はどうしてもお正月などで、生活のリズムが狂いがち。夜遅くまで起きてしまったり、「おせち料理」があると常時食べ続けていたり、また人が周りにいることで、どうしてもいつもと違う生活になってしまいます。特に就学前の子ども達には、「いつも通り」の生活リズムを確保してあげてください。そう考えると、子どもが小さいうちはパパが深酒して二日酔い。なんて言うのは×。可愛いわが子のためにも、そろそろ「大人」としての自覚を持ち、子どもの時間、大人の時間、夫婦の時間を区別するのも重要です。

午前中にしっかりと体を動かし、外気浴をすることで、子どもにとって十分な運動量が確保できると、しっかりとお昼を食べることができて、お昼寝もできます。リズムを崩さない1月を心がけましょう。

外遊びあとの保湿ケア
子どもの肌は「プニプニの柔らか肌」を想像しますが、実は大人の肌以上に敏感で弱いのです。まだ未発達な子供のお肌を守ってあげるのも大切です。特に1歳前後~3歳くらいまでは皮脂が分泌されにくい時期。遊んだあとや、手を洗った後にも保湿をしてあげるといいでしょう。

そこでわたくし茂呂がおススメするのがこの商品。「フタハイクリーム」 やっぱりこの時期、特におすすめなのがコレなのね。。

DSC07608フタハイクリーム
24時間の保湿持続性

保湿の持続性が、他の保湿成分と比較して格段に違います。たった1回、寝る前のスキンケア。
無臭性+安全性
不純物を取り除いた精製度の高い原料を使用しているため、無臭であるだけでなく、口に入っても安全で、手に塗ったままで料理をされても安心です。さらに加齢臭に対する消臭効果もあります。

ぼくらのまちのくすりやさんコメヤ薬局