Home / コラム / 「子育ての聖地」にIターン移住ってどうよ!(前編)

「子育ての聖地」にIターン移住ってどうよ!(前編)

「子育ての聖地」にIターン移住ってどうよ

みんなおいでよ!Welcome to 金沢
子育てナビゲーター茂呂平哉です。実は僕、北海道出身の石川県金沢市へのIターン就職者。なんですね。すっごい金沢人面しておりますが、まったくもってとんでもない奴です。
で、この僕が全国の子育て家族の皆さんに発信したいのが、コレなのね。「子育てするなら絶対北陸!!それも石川県金沢市って最高!!」って話。
「ファミリータイムズ」始まって以来の県民外の方向け「子育て情報」でやんす!

子育て家族のIターン移住は金沢で決まり!!
71’生まれのわたくし茂呂平哉。金沢へ来てかれこれ7年。マジで金沢市最高です!なにが良いのかって、聞きたいでしょ?子育て目線では超~最高な環境なんですね~。
地元の人は案外控えめなので、自分たちの「街」のこと、良いってあんまり言わないんですね。そのくせ実はすっごく人や地域を大切にするプライドと地元愛が強いんですね。
7年住んで、北陸の良さを満喫中のわたくしですが、わたくしだけ楽しむのもなんなんで、全国の「子育て大変な思いして頑張っている世帯」に情報のおすそ分け

茂呂平哉のココがすごいよ。子育て聖地!石川県
勝手におススメランキングNo.1
まずは何より「子育て」について
11_2015_01_03実際住んでいて思うのは、北陸3県の共働き率の高いこと。総務省平成22年の国勢調査では、石川県の女性の就業率がなんと全国1位 51.2%、平成25年に金沢市によるアンケート調査結果で、フルタイム+パートで働く子育てママの割合が63.8%なんですって。まあこれらを支えてくれるのが保育園なんでしょうけど、保育所定員数が全国堂々の第2位。
当然のごとく待機児童が0ゼロ!!この保育園の充実度も半端ないです。僕も子どもらが小さいときによく利用したのが病児保育(子どもが風邪などで熱を出しちゃったときなんかに、保育園を休まないといけないけど、そんな時に小児科の病院で保育をしてくれるのね。これすんっごく助かった!)。これに加えて休日保育や延長保育、夜間保育など認可された施設でここまでサービスが充実しているのってやっぱりすごいよね。

11_2015_01_02まだまだあるのよ。子育て支援サービスの充実度がこれまたすごいのね。子育て広場もいっぱいあれば、公園施設の充実度も高いのね。これはなんだろう金沢市の緑と花の課の努力もあるんだろうけど、一般市民の素養の高さもあると思うのね。どの公園言ってもきれいに整備されていて、トイレもきれい。子供を安心して遊ばせられるってだけでも親には嬉しい。
これね~。歴史が違うのね。そうそう幼稚園もすごいの!日本で一番古くからある幼稚園が存在するくらい!またねぇ幼児教育に関しても、ものっすごくディープな保育を行っている幼稚園がいっぱいあって、選ぶのが大変なくらい。うらやましいでしょ??
やっぱねこの地は昔から「働くこと」と「子どもを育てること」「地域で助け合うこと」が当たり前の環境に合った土地柄なんでしょうね。 全国の保育関係者は石川県に見学に来たらいいと思うくらい、行政と地域がしっかり連携しています。ある意味役人天国みたいな見方もされますが、地方都市でしっかりとした地方構造を作り上げるためにはお役人の給与保証も大切なこと。案外Iターンしたら金沢市役所で公務員もあり??

もう一つの特出すべき点は、学力が高いってのもこの地域ならでは。
全国学力テスト小学生正答率(2015年) 69.1%で第2位、
学力テスト(活用:B、2015年) 66.3%で第3位。
全国学力テスト(活用/知識の比率 2012年) 79.96%で第2位、
全国学力テスト(知識:A2012年) 76.6%で第3位。
どうよ!実際ね。うちの子どもたちも小学~高校まで経験したけど、先生たちの質も高くって、とっても安心。やっぱ子育てするのに地域の関係性やお友達関係考えると、こういったことって大切なことですよね。
勤勉なのは日本海側の地域性なんでしょうかね?実際越してきて思うんですがやっぱね、真面目な人が多い。

11_2015_01_07東洋経済が毎年行う「住みよさランキング」に出てくるのも北陸の富山、石川、福井。実際僕も若いころには都会志向が強く、「the東京イズNo1」みたいな考えから価値観を見出していたころもありましたが、いざ子育て世代になってみると、生活の中での安心安全や子どもを育てる目線からの価値観に移行していき、自然環境や地域活動の重要性、果ては町内会活動や保護者会など、「子ども」を育てる環境という観点での価値観が大きくなるにつれ、忙しく最新情報がすべての生活から脱却し、子どもが話すことに向き合い、ゆっくりと時間をかけて耳を傾けられる余裕。みたいなものを大切にしたい。って思うようになったのもこっちに来てからなのね。真面目そのものの富山県だったり、田舎の背比べ石川、永遠の田舎「福井」が異常なほど愛おしく感じられ、歴史が、また地域の人々が脈々と築き上げてきた文化や風土が、街の景色のそこここににじみ出ているんですね。

11_2015_01_06
富山市の街並みなんて県民性そのまんまな感じです。ホント!行ってみて!嫌いじゃないけど隙がない感じ。めっちゃ美人なのに隙がないって女性いるじゃないですか。そんな感じ。
福井県はリアルガチな「田舎街」の王道行ってます。ただ、だからこそ守られた本当にいい地域。福井は3世代同居も多いですしね。北陸の中で、若干の柔軟性?というか軟派感が感じられるのが金沢市。僕はやっぱ金沢市。なのですが、隣町の野々市市、かほく市なんかもおススメなのね。

後編はこちら→

ぼくらのまちのくすりやさんコメヤ薬局